Archives
Syndicate
Admin
 
クラリオンスムーナビ NX609最大のデメリット

クラリオンのライトナビの売れ行きが良いようです。
(関連記事→ライトナビとは?カーナビ基礎知識


ニューモデルには、NX609、NX309、NX209 と、3つのモデルがあるのですが、


その中でも、
家庭の地デジテレビ放送と同じ12セグの放送と
ワンセグ放送を受信できる、車載用のフルセグチューナーが内蔵されたハイエンドモデル・・・


NX609 の、(私の思う)デメリットポイントがあり・・・
気になってしまったのであります。




この、スムーナビ NX609 で、ありますが・・・


オンライン交通情報探索という、他機種にはない機能が備わっています。


この、交通情報検索機能とは、どんな機能なのか?
カタログの文章を引用すると・・・


刻々と変化する最新の渋滞情報をリアルタイムで捉え、
より高精度・広範囲な渋滞予測を行う「オンライン交通情報探索」に対応。
渋滞に強いスムーズ・ドライブをお届けします。

と、いう・・・
つまり、通信機能なのであります。




この機能は、他社メーカーの通信ナビと違って、
クラリオン独自のモノなのです。


VICSだけでなく、同じ通信機能を備えたクラリオンのカーナビからの情報と・・・


なんと、タクシーからの情報を集めているのであります。


タクシーからの情報は、常に最短・最速ルートを走行している・・・というだけじゃなく、
24時間365日、常に仕事で走行している・・・訳ですから、


そのデーターは、信頼度の高いモノであるのは、いうまでも無いことでしょう。


しかし・・・


この オンライン交通情報探索 を利用するには、
対応機種の携帯電話が必要で・・・


携帯電話を利用して、データーセンターと通信するのですが、
その通信費(パケット料金)は、


定額料金プランの、パケ・ホーダイ、ダブル定額、パケット定額 の対象外になるのです。


と、言うことは・・・


通信費に上限が無いわけで・・


携帯電話料金が高額になる可能性があるのです。


これは・・・かなり怖いと(私は)思うのですが・・・
皆さんはどうお考えになるでしょうか?


通信費だけを考えるならば、
専用端末を使えば、通信費が定額で利用出来る、
カロッツェリアのカーナビに軍配が上がるとと(私は)思います。



comment(0) | trackback(0) | edit