Archives
Syndicate
Admin
 
新型ストラーダポケットで勘違いしないで!

先日・・・こちらの記事で、
ストラーダポケットのニューモデルが発売されるという
ニュースを紹介しました。


高額カーナビとポータブルナビとの違い・・・の未来?


その中で初回した機種は、

7V 型ワイド QVGA ディスプレイ搭載が、
「CN-MP700VD-K」「CN-MP700D-K」「CN-SP700VL-K」「CN-SP700L-K」



5V 型ワイド QVGA ディスプレイ搭載が、
「CN-MP500VD-K」「CN-MP500D-K」「CN-SP500VL-K」「CN-SP500L-K」「CN-SP300L-K」



で、ありましたが・・・


先日、お客さんから、指摘されたことがありまして・・・


同様の勘違いをされている方がいるのでは?
と、思い・・・


そのことを、紹介したいと思います。


どんな事か?と、申しますと・・・


渋滞を回避する機能が付いているか?
と、いう事であります。




私の会社のお客さんが、上記のニューモデルが発売されたらすぐに買いたい・・・
と、いう事で、パナソニックのホームページで情報を仕入れて来ました。


お客さんは・・・
そのホームページでは、新しいストラーダポケットは
渋滞に強い・・・と、紹介されていて、


新しいストラーダポケットは、VICS内蔵で、
(CN-MP700D/CN-SP700Lは、別売りVICSユニットが必要)
お客さんは、渋滞情報を入手して、自動でルート検索をしてくれる・・・
と、勘違いしてしまったのです。


しかし・・・
備わっている機能は、渋滞や工事中などが、地図上に表示され・・・


その交通情報を見て、迂回ボタンをタッチすると、
周辺を迂回するルート案内をしてくれるだけなのです。


自動でやってくれるのは、渋滞以外の交通規制(事故・工事・通行止め等)の
地点に接近すると、音声案内をし、迂回ルートを案内することです。

渋滞を(自動で)回避するルート案内が欲しいなら、
光・電波(VICS)ビーコンを受信するユニットが必要なのです。
(もしくは、通信ナビ→通信ナビとは?


しかし・・・残念ながら、
今回紹介したストラーダポケットは、
光・電波(VICS)ビーコンユニットの、オプションはありません。
(ビーコンについては→勘違いしていませんか?渋滞を回避したいなら


でも・・・
ストラーダポケットの迂回ルートを案内する機能は、
以前から、評判が良いモノです。


自分は、どこまで必要なのか? よく考えてカーナビ選びをしてみて下さい。


ちなみに、ポータブルではない、ストラーダの上位機種は
光・電波(VICS)ビーコンユニットが、オプションで取り付ける事ができます。

また、ライバルメーカーのサンヨーゴリラでも、ポータブルナビには、
光・電波(VICS)ビーコンには、対応した機種はありません。
(AV一体型の据え置きタイプには、ビーコンユニットがオプション対応しています)



ストラーダ 関連記事


高額カーナビとポータブルナビとの違い・・・の未来?


開発者のインタビューを見れば・・・



comment(0) | trackback(0) | edit