Archives
Syndicate
Admin
 
通信カーナビの 弱点がなくなる 革命の始まり?

通信が出来るカーナビが便利なのは分かっているけど・・・


やはり、通信料金がもったいないので、
普通のカーナビで十分・・・


と、思っている方は多い様で・・・


そういう、私も・・・


通信できるカーナビを持っていますが・・・


普段は、通信をしないで使っています。


一応、光・電波ビーコンが付いているので、
それで、ガマンしている状態です。


通信をするのは、お盆やGWなどに
ロングドライブするときだけにしています。

しかし・・・渋滞に巻き込まれたとき・・・


通信していれば、渋滞を避けたのか?・・・


通信料金がもっと安くなれば、
常に通信させるんだけど・・・


と、考えてしまうのです。


しかし・・・この状況が変わるのかも知れません。
以下のニュースをご覧下さい。





これは・・・ついに、通信カーナビが一般的になる
革命(ちょっと大げさですが・・・)の始まりかも知れません。


今まで、通信機能を定額で利用するには、
専用の通信機器を購入(またはレンタル)し、
通信料金の上限が1000円から2000円 程度の通信契約をしなければいけませんでした。


携帯電話で通信することも(もちろん)可能ですが、
通信料金は、パケット定額プランの対象外で・・・
使えば使うほどパケット料金が高くなります。

これが、月額210円をプラスすれば、
カーナビの通信料金が、パケット定額の中で、おさまるのですから・・・


専用の通信機器を購入(またはレンタル)する必要も・・・
通信契約をする必要もなく・・・


対応機種の携帯電話を持てば、
通信料金を気にせずに、使えるわけで・・・


通信する人が、一気に増えることだろうと・・・(私は)予想します。


今のところ・・・


対応するカーナビの通信サービスが、


本田の「インターナビ・プレミアムクラブ」、
日産自動車の「カーウイングス」、
トヨタ自動車の「G-BOOK mX」と、
自動車メーカーのサービスのみですが・・・


カーナビメーカーの通信サービスにも、使えるようになる事を
(私は)期待しております。


◆通信カーナビ関連記事◆


通信カーナビとは?カーナビ基礎知識


通信カーナビのデメリット


一番安い通信カーナビ


通信カーナビの 渋滞情報共有が・・・


カーナビ通信時代が本格的に・・・なるのか?




comment(0) | trackback(0) | edit