Archives
Syndicate
Admin
 
アルパインから国内最大画面のカーナビ登場

当サイト
カーナビ比較紹介 は・・・


ポータブルナビばかりを紹介していますが・・・


ポータブルナビ専門のサイト・・・と、言うわけではありません。


最近・・・ポータブルナビが高性能化したこともあり、
ポータブルナビの市場が活性化し・・・


紹介する情報も、
ポータブルナビの事ばかりになってしまっていただけであります。


と、言うわけで・・・
今回の情報は・・・久しぶりに、据え置き型カーナビの情報をお伝えします。


以下のニュース記事をご覧下さい。





今回のニュースは・・・
私は、全く予想しなかった事であります。


ニュース中にもあるように・・・
スペースの関係上、7型がほとんどとなり・・・


もっと、大きい画面がほしいユーザーは、
後部席用に、もうひとつモニターを追加するのが、
当たり前のようになっていたのが現状です。


なのに、
専用のキットを用意して、8型をインダッシュに納めるとは・・・


実は、今までにも、8型のカーナビは、
存在していたのですが・・・
2DINには、収まらないので、オンダッシュ型になってしまい・・・


エアコンの吹き出し口をふさいでしまったり、
ダッシュボード上のスペースをうばってしまったり・・・


取り付けた姿が、かっこいいモノではありませんでした。


以前の8型は、ソニーで NVX-MV8000 と、いうモデルと
現在も(在庫のみ)発売中のサンユーゴリラ NV-HD881FTA が、あります。
 (画像クリックで詳しい情報)

今回・・・登場する
アルパインの「ビッグX X088」は、
専用キットを使って、インダッシュで取付が出来るので、


見た目も良く、
エアコン吹き出し口や他のスイッチ等のじゃまにならないのは、
とっても魅力的ですね。


8型は、思ったよりも大きい


7型と、8型は、わずが、1型の差・・・
そんなに変わらないのでは?・・・


と、思う方が少なくないのですが・・・


ニュース記事内にもあるように、
1.43倍も、面積が大きいのです。


実際に見比べてみると・・・かなり大きく感じると思います。


見たことがない方は、
ぜひ一度、ご覧になって下さい


いまのところ、取り付け可能な機種が少ない事が気になりますが・・・
今後に期待です。


また、気になる専用取り付けキットの価格ですが・・・
(今のところ)
トヨタ・プリウス(2009年5月~)
アルファード・ヴェルファイア(2008年5月~)
エスティマ(2008年12月~)
ノア・ヴォクシー(2009年6月~)
マークX(2009年10月~)
ホンダ・ステップワゴン/スパーダ(2009年10月~)
フリード(2008年5月~)
インサイト(2009年2月~)
スズキ・ワゴンRスティングレー(2008年9月~)
ここまでが、1万9950円で・・・

トヨタ・エスティマ(2006年1月~2008年12月)
ノア・ヴォクシー(2007年6月~)
スズキ・ワゴンRスティングレー(2008年9月~)
が、1万4700円 とのことです。



◆関連記事◆


ハイエンドクラス カーナビのメリット


ハイエンドクラス カーナビのデメリット


スタンダードな、据え置きカーナビのデメリット


スタンダードな、据え置きカーナビのメリットは?


comment(0) | trackback(0) | edit