Archives
Syndicate
Admin
 
開発者のインタビューを見れば・・・

新製品が続々登場している
カーナビですが・・・


その中でも、
以前の記事で、注目した、パナソニックのポータブルナビストラーダの、
興味深いニュースを紹介します。


以前の記事は、こちらです。
高額カーナビとポータブルナビとの違い・・・の未来?
新型ストラーダポケットで勘違いしないで!

新型のパナソニック ポータブルナビストラーダを、
実際に開発した方へのインタビューが紹介されています。


以下をご覧下さい。





私が注目するのは、
当サイト内で以前に紹介した・・・


渋滞を回避する機能は無いが・・・


独自の迂回ルート検索機能で、
2kmの範囲内なら、現在のルートからの迂回ルートをワンタッチで探索できる・・・


と、はっきり記載されている点です。


私のお客さんには、
新型ストラーダのカタログを見て・・・


渋滞を自動で回避する機能が付いている・・・
と、勘違いをした人がいたほど・・・


カーナビ初心者などには、紛らわしいと思えてしまう
表現で、迂回ルート検索機能を紹介している・・・
点が、あると(私は)思うのです。


その点について、ニュース記事内では、
はっきりと、光/電波ビーコンを使った渋滞を自動で避ける機能はなく
(ニュース内ではダイナミックルートガイダンスと、表現されています)


(新型ストラーダにあるのは、)
迂回ルートを検索する機能だけである。


と、紹介されています。


また・・・


以前のモデルより、画面を大きくした理由や・・・


ワンセグの録画機能を追加した点・・・


などの、開発者の思いを読むと・・・


どの様な人を、
新型ストラーダがターゲットにしているのかが分かり・・・


購入の参考になると(私は)思います。



comment(0) | trackback(0) | edit