Archives
Syndicate
Admin
 
SONYのニューモデルには こんなメリットが・・・

カーオーディオ、カーナビの分野から撤退し・・・


ポータブルナビに絞って、
市場に復活し・・・


ポータブルカーナビゲーション “nav-u(ナブ・ユー)”をヒットさせて来た、
SONY(ソニー)から、


ニューモデルが登場するというニュースが入ってきました。






今回、発売されるポータブルナビ
NV-U76VT NV-U76V の、最大の特徴は・・・


VICSビーコンユニットを付けなくても、
渋滞を予測したルート検索が出来るという事と・・・

VICSビーコンユニットを付けなくても、
本体に過去の渋滞統計情報が収録されていて、
そのデーターを元に、主要道路の混雑状況を予測し、
目的地までの適したルートを探索する機能が備わっているのです。
また、その情報には、時間や時期も含まれており、
年末年始、ゴールデンウィーク、
お盆など大渋滞がおこる時期にも、
帰省ラッシュ、Uターンラッシュなどを考慮して、
より適したルートを案内するスグレモノなのです。

VICSビーコンユニットを付ければ、
更に渋滞をさけるルートを、リアルタイムで案内する・・・


と、言うことです。


ポータブルナビでは、
パナソニックのポータブルナビストラーダも、
サンヨーのゴリラにも、VICSビーコンユニットのオプションはありません
(ポータブルでないタイプには、オプション設定があります)


今のところ(2010年7月)ポータブルナビで、
VICSビーコンユニットが付けられる唯一の機種なのです。


他メーカーのポータブルナビで、通信機能が付いているタイプがありますが、
(パイオニアのエアーナビなど)


通信ナビについては、こちらの記事を参考に

通信カーナビとは?カーナビ基礎知識

通信カーナビのデメリット

通信カーナビの 渋滞情報共有が・・・


通信ナビから得られる渋滞情報に比べて、
VICSビーコンユニットから得られる情報は、
情報量が少ないという欠点があります。


しかし、VICSビーコンユニットを使う最大のメリットは、


通信料金が要らない・・・
つまり、通信料金がタダなのです。


通信ナビを使えば、確かに現在の技術を最大限に駆使した渋滞情報が得られますが、
通信料金がもったいない・・・


その様な方には、VICSビーコンユニットが使えて・・・
さらに、今までの渋滞データーを使ったルート案内が出来る・・・


NV-U76VT NV-U76V は、魅力的な機種と(私は)思います


ソニー ポータブルカーナビNV-U76VT NV-U76V の詳しい説明は、
メーカーサイトへのリンクを貼っておきました
ソニー NV-U76VT NV-U76V 高性能機能紹介


楽天市場では、すでに低価格での予約が始まっています。
ソニー ポータブルカーナビ “nav-u(ナブ・ユー)”NV-U76VT NV-U76V 楽天市場の最安値一覧



関連記事

ソニーカーナビ比較紹介一覧



comment(0) | trackback(0) | edit